紙おむつはどれを選べばいい?メーカー別一覧


はじめに

おむつは赤ちゃんにとって必要不可欠なものです。しかし初めての子育てだと、どこのメーカーがいいのか、どんなタイプのおむつがいいのかなどわからないことばかりでしょう。そんな悩めるママのために、ここでは新生児のおむつのことを、メーカー別に詳しく説明しています。

人気の新生児用紙おむつ、4つを比べてみました!

1番人気!パンパース

1枚多いシートにより、サラサラが最長12時間続くことが、パンパースの1番の特徴で、独自技術によりおむつの内部を弱酸性に保ち、通気性が良くおむつかぶれを防いでくれるということも人気の理由の1つです。また伸縮性がよく、足回りやお腹周りにしっかりフィットするため、おしっこやうんちが漏れにくいということも嬉しいポイントだといえるでしょう。

通気性がいい!メリーズ

メリーズは通気性がいいという評判があります。おむつの内側は、ふわふわのデコボコ構造が施されており、肌に張り付くことなくサラサラの状態が続きます。シートのへこんでいる所でうんちをキャッチし、軽便ひきこみシートでうんちの水分を吸収してくれるため、おむつの中でうんちが広がりにくいことが特徴です。

しっかりフィット!ムーニー

赤ちゃんの骨格に合わせて立体的にフィットするという、世界初の技術が使われているおむつで、赤ちゃんの腰回りにフィットし、漏れを防ぎます。伸びるフェットギャザーで背中やおしり、足回りにもフィットするため締めつけ感がありません。またおしっこサインが見やすいという評判があります。

ふんわりやわらか!グーン

ふんわりやわらかな肌触りが特徴的で、おむつの表面は赤ちゃんの肌との接触面を減らし、負担を軽減できるように加工されています。くぼみの部分でゆるいうんちを吸収し、消臭機能付きの吸収体を採用しており、きになる臭いを軽減してくれることが人気の理由です。

なにを基準に選ぶ?新生児のおむつの選び方

赤ちゃんは敏感肌で、新生児の肌トラブルは多いです。初めての子育てでわからないことが多い上に、大切な赤ちゃんの肌にトラブルが起きた時、本当に心配な気持ちになるでしょう。敏感肌の赤ちゃんのために、値段などで判断せず品質にこだわることをおすすめします。しかし品質の良いおむつでも赤ちゃんのはだとの相性が合わないこともあるため、まとめて買うようなことせず、まずは1パックだけを購入し、問題がないようであれば継続して使うようにしましょう。

汗の多い季節は気をつけて!こまめにチェック

赤ちゃんは体温調節が未熟なため、暑い時期などは大量に汗をかきます。そのためおむつかぶれだけでなく、汗疹にも注意してあげるようにしましょう。汗疹が出やすい箇所として、ウエスト・おしり・背中の3つが挙げられます。
新生児は1日の大半を寝て過ごすため、背中側に汗がたまりやすく、背中とおむつが触れる部分が汗疹になりやすいのです。そのため汗を大量にかく暑い時期の場合は、通気性のいいおむつを使用するようにし、おしっこやうんちだけでなく、汗のチェックも忘れないようにしましょう。

おわりに

赤ちゃんの肌は敏感で、肌トラブルを起こしやすいです。初めての子育てで不安が多い上に、赤ちゃんが肌トラブルを引き起こしてしまった場合、ママはとても心配な気持ちになりますよね。ですから赤ちゃんのためにもママのためにも、値段などでおむつのメーカーを決めるのではなく、品質で選ぶようにしましょう。しかし品質が良くても赤ちゃんの肌度の相性が悪い場合があるため、始めはおむつをまとめて買うようなことはせず、1パックだけ購入し、試してみて平気であれば継続して使用するようにしましょう。

The following two tabs change content below.
コドモアイテム

コドモアイテム

赤ちゃんにはどういったものを揃えてあげればいい?初めてだと余計にわからない赤ちゃんとアイテムの関係、お教えいたします♪