赤ちゃんとお出かけ!注意するポイントと持ち物


赤ちゃんとの初めてのお出かけは、楽しみでもありますが、不安な気持ちの方が強いということが事実でしょう。何をもって出かければいいのか、気をつけることはあるのかなど、初めての子育ての場合、わからないことばかりで不安に思いますよね。ここではそんな悩めるママのために、赤ちゃんとの初めてのお出かけで注意するポイントと持ち物について説明します。

初めてのお出かけ!必要な持ち物7点

  1. 母子手帳と保険証

新生児だけに限らず、母子手帳と保険証は必ず持ち歩くようにしましょう。赤ちゃんは体温調節などが未熟で、体調を崩しやすいため、急な発熱などを引き起こしてしまうことがあります。すぐに病院にいけるよう、必ず持ち歩くようにしましょう。

  1. おむつ・おしりふき

普段に比べて回数や量が多かったり、漏れてしまったりすることを想定して、いつもより2~3枚多く用意しておくようにしましょう。

外出している時間によってもっていく枚数が異なるため、マザーズバッグをパンパンにしないためにも、外出時間を最小限に抑えるようにしましょう。

  1. 母乳パット

母乳パットを忘れるというママは少なくありません。母乳パットを忘れてしまい、ビショビショになり洋服が汚れて焦るママもいるため、母乳パットは必ず忘れないようにしましょう。

  1. ミルクとお湯

ミルク育児の方だけでなく、母乳育児の方もミルクとお湯は持ち歩くようにしましょう。スティックタイプの粉ミルクや、ミルクケースに小分けしたミルクを持って行くと、わざわざ計量しなくて済みます。

お湯は魔法瓶に入れて持っていくようにしましょう。

  1. ガーゼハンカチとタオル

ガーゼハンカチは汗やよだれを拭く時、授乳時などに活用頻度の高いアイテムです。薄くて場所もとらないため、2~3枚は持ち歩くようにしましょう。

またタオルやバスタオルがあると、うんちやおしっこで汚した時や、急な寒さや日除けに役立ちます。

  1. 着替え

赤ちゃんは体温調節が上手に出来ないためよく汗をかき、ミルクを吐いたりよだれを垂らしたりして、洋服を汚してしまいます。ですから必ず着替えを1組は持っていくようにしましょう。またミルクをよく吐いてしまう赤ちゃんや、よだれの多い赤ちゃんにはスタイを浸けてあげるといいでしょう。

  1. 抱っこ紐

赤ちゃんをベビーカーに乗せて外出するママが多いのですが、ベビーカーだけに頼るのはよくありません。赤ちゃんがぐずった時や、寝かせたい時などどうしても抱っこしなくてはいけない時に、抱っこ紐が役立ちます。

赤ちゃんとのお出かけ!3つの注意点

1.人混みは避ける

赤ちゃんは大人に比べて免疫力が弱いため、人が多いような場所への外出はできるかぎり避けるようにしましょう。そうしても人の多い場所へ行かなくては行けない場合は、空いている時間を狙っていくようにしましょう。
また子どもがたくさん集まる場所も、季節によってはウイルスなどをもらってしまうこともあるため、注意するようにしましょう。

2.温度管理をしっかり行う

赤ちゃんは体温調節が未熟です。そのため暑いとすぐに汗をかいてしまい、寒いと体を冷やしてしまいます。汗をかいていないか体が冷えていないかなど、こまめにチェックしママがしっかり赤ちゃんの体温調節を行うようにしましょう。
また脱水症にならないために、水分補給をこまめに行うようにしましょう。

3.生活リズムを大切にする

赤ちゃんは生まれてから毎日、生活リズムを身に着けています。ミルクを与える時間がずれたり、寝る時間が削られたりした場合、赤ちゃんは不安に思ってしまいます。そのため長時間の外出は避け、赤ちゃんの生活リズムに合わせて行動するようにしましょう。

おわりに

赤ちゃんとの初めての外出は楽しみでもあり、不安でもありますよね。赤ちゃんとのお出かけ時は荷物が多い上に、ベビーカーが邪魔となりお店に入りにくいこともあるでしょう。ですから忘れ物をしないために、赤ちゃんとのお出かけ時の持ち物を把握しておくようにしましょう。

The following two tabs change content below.
コドモアイテム

コドモアイテム

赤ちゃんにはどういったものを揃えてあげればいい?初めてだと余計にわからない赤ちゃんとアイテムの関係、お教えいたします♪