赤ちゃんの歯磨きはいつから?何で磨けばいいの?


子供の歯は大人の歯へと生え変わりますが、子供の歯が虫歯になると大人の歯に悪影響を与えてしまいます。ですから子供の歯が生えてきた時から、しっかり磨き、虫歯予防を行う必要があるのです。赤ちゃんの歯磨きはいつから始めればいいのか、何で磨けばいいのか、どのように磨けばいいのかなど、赤ちゃんの歯磨きで悩んでいるママは多くいます。ここでは赤ちゃんの歯磨きについて詳しく説明します。

生え始めた時点で歯磨き開始!歯磨きのタイミング

最初の歯、下の前歯2本が生え始めたら、歯磨きをしてあげるようにするといいです。しかし生え始めの歯は小さく、口の中は赤ちゃんの唾液の自浄作用で綺麗になるため、焦って始める必要はありません。まずは歯磨きに慣れさせるつもりで始めるようにしましょう。
また歯が生える時期には個人差があり、生後2ヶ月で歯が生え始める子もいれば、1歳を過ぎても生えてこない子もいるため、歯磨きを始める時期はその子によって異なります。ママ友の赤ちゃんや、上の子と比べないようにしましょう。

歯ブラシで磨いていいの?歯磨きの始め方について

赤ちゃんの歯磨きは、初めから子供用の柔らかいタイプの歯ブラシを使用しましょう。しかしここで大切なのは、歯磨きをし始めたじきはしっかり磨くというより、歯磨きに慣れさせるつもりで行うことです。無理に歯を磨くことで、痛がり歯磨きが嫌になり、その後歯磨きをさせてくれなくなってしまうこともあります。大切なのは、赤ちゃんに「歯磨きは楽しいこと」だと思ってもらうことです。
歯ブラシや歯磨きという行為に慣れさせるために、優しく歯に当たる程度の強さで磨いてあげて、終わったらちゃんと褒めてあげるようにしましょう。

歯磨きを本格的に始める時期について

離乳食を与えるようになると、歯に食べカスがつくようになります。歯に食べカスずっとついていると、歯石や虫歯になってしまうことがあるため、離乳食を始めると同時に、本格的に歯磨きを始めましょう。歯磨きの方法としては、まずガーゼで歯を拭いてあげてから湯さましやお茶などを飲ませて食べカスをすっきりさせてあげます。そしてその後にハブ橋を使用し、仕上げ磨きを行いましょう。ゴシゴシと強く磨くと赤ちゃんが嫌がるため、優しく歯の間に詰まった食べカスをとることを意識して磨いてあげるようにしましょう。

1日に何回磨けばいいの?

大人は1日2~3回、食後や寝る前に歯磨きを行いますが、赤ちゃんは1日に1~2回ほど行えば十分だといえます。基本的には朝と夜に行うことがいいとされていますが、歯磨きに慣れるまでは赤ちゃんの機嫌のいい時に行うようにしましょう。そして歯磨きに慣れてきたら、回数を増やすようにしましょう。また睡眠時は唾液の量が減るため、虫歯になりやすいと言われています。歯磨きに慣れてきたら、寝る前にきちんと磨いてあげるようにしましょう。

赤ちゃんが歯磨きを嫌がる!そんな時の対処法とは

どうしても歯磨きを嫌がる赤ちゃんもいます。泣いて嫌がる子の場合、無理に歯磨きをしようとすると余計に歯磨きが嫌いになってしまうため、歯磨きに慣れるまでお茶やお水を飲ませて口の中の食べカスを流したり、ガーゼで軽く口の中を拭いてあげたりするだけにしましょう。おもちゃをつかって気をそらしたり、赤ちゃんのご機嫌を伺いながら歯磨きをしたりと、根気よく歯磨きに慣れさせていきましょ。またキシリトールやフッ化物塗布といった治療もできるため、どうしても歯磨きが行えない赤ちゃんは、一度歯医者さんに相談してみると良いかもしれません。

おわりに

赤ちゃんの歯磨きは、最初の歯が生えてきた時から始めるようにしましょう。しかし始めはしっかり歯を磨くというよりは、歯磨きに慣れさせてあげる感覚で行うようにしましょう。そして歯磨きに慣れ始め、離乳食を開始する時期に本格的に歯磨きを始めるようにしましょう。

The following two tabs change content below.
コドモアイテム

コドモアイテム

赤ちゃんにはどういったものを揃えてあげればいい?初めてだと余計にわからない赤ちゃんとアイテムの関係、お教えいたします♪