大人もつらい虫除け対策はこうしてみよう


夏場などで気になるのが子どもの虫除け対策です。公園などで遊んだ時に刺されてしまうと大人よりも症状が重くなることもあります。今回は子ども向けの虫除け対策について紹介します。

子どもに虫除け対策が大事なわけ

子どもの虫除け対策は大人よりも入念に行う必要があります。子どもは大人と比べると肌がずっとデリケートなため、虫刺されなどでかゆみが生じ、我慢できずに引っ掻いてしまうと「とびひ」などの原因になることもあります。また、アレルギーを発症する恐れもあるので、子どもには入念に虫除け対策をすることが大切です。

対策1:虫除けスプレー

虫除け対策では定番ともいえるのが虫除けスプレーです。効果時間の長いものや、色々な虫に効果があるなど様々なタイプのものが増えてきました。薬局やスーパーなどで購入する際にはひとつひとつの違いにも注意して選びましょう。

ディートのないものを選ぶ

効果が良く、虫除け対策の定番の虫除けスプレーには「ディート」という成分が含まれています。この「ディート」は効果が強いのですが、子どもにとっては危険になりうる成分で、毒性は低いとされていますが海外では健康被害がみられたこともあります。虫除けスプレーの説明文をよく見ると年齢ごとの使用回数に制限があるので、入念な対策をしたいからといって、制限回数よりも多く使わないようにしましょう。

日焼け止めとどちらを先使うか

虫除けスプレーと日焼け止めのどちらを先に使うかで迷った人は多いのではないでしょうか。先に日焼け止めを塗るのが正解といえます。虫除けスプレーを先に使ってしまうと、スプレーが揮発できず、スプレーに含まれる成分の効果が上手く発揮されません。塗る順番を間違えないようにしましょう。

虫除けスプレー以外の対策

虫除けスプレーにはディートは危険性があるため、なるべく使いたくないという人も多いのではないでしょうか。虫除けスプレー以外にも効果的な虫除け対策の方法があります。

蚊取り線香

日本の伝統的な虫除け対策といえば蚊取り線香です。リーズナブルな価格帯と最近ではハーブの香りをつけたものがあるため、人気がでています。火を使うため子どもに注意して使いましょう。

アロマオイル

ラベンダー、ユーカリ、ハッカ、レモングラス、ローズマリーなどのアロマオイルには高い防虫効果があります。特にハッカは「ハッカオイル」の名前で取り扱っている薬局なども多く、アルコールと水と混ぜて子どもに使うことで安全性の高い、自家製虫除けスプレーをつくることができます。また、ラベンダーには安眠効果、ローズマリーには集中力を高める効果など色々な効能もあるため、日頃から試してみるのもよいでしょう。

電子虫除け器

腕につけることのできる小型の電子虫除け器が最近では虫除け対策として注目を集めてします。電池2本程度で長時間効果を発揮すること、電子式だから火を使わないから子どもに安心して持たせられることなどが評価されています。

特に注意したい虫

子どもが公園などで遊ぶときには様々な虫と出くわす可能性があります。なかでも注意しておきたいのが、「ハチ」と「毛虫」です。ハチはススメバチなどに代表されるように強い毒性をもち、「アナフィラキシーショック」を引き起こすこともあるため、要注意が必要な虫です。毛虫は刺されてもすぐに異常がでないため、気づきにくく、少し時間が経ってから肌の一部だけにあかみやかゆみがでてきます。刺されると2~3週間ほどかゆみが続くこともあるので、すぐに病院に行って適切な処置を受けましょう。

おわりに

今回は子ども向けの虫除け対策について紹介しました。ディートが含まれる虫除けスプレーは使いすぎてしまうと様々な悪影響がでることが懸念されています。子どもだけでなく、妊婦の健康被害も報告されているので、虫除けスプレー以外の虫除け対策もしっかりチェックしておきましょう。

The following two tabs change content below.
コドモアイテム

コドモアイテム

赤ちゃんにはどういったものを揃えてあげればいい?初めてだと余計にわからない赤ちゃんとアイテムの関係、お教えいたします♪