赤ちゃんにあせもはつきもの?対策ポイントを知ろう


赤ちゃんにつきものともいえるのが「あせも」です。体温が高く、汗をかきやすい赤ちゃんは「あせも」になりやすいので、適切なケアをしてあげないといけません。
今回は赤ちゃんのあせも対策について紹介します。

あせもって?原因は?

「あせも」というのは「汗疹」と医学的には呼ばれています。かゆみを伴う赤い湿疹で、汗が汗腺(汗を分泌するところ)を塞いでしまい、塞がれた汗腺の周辺で菌によって炎症がおきてしまうとあせもになります。赤ちゃんは大人に比べると汗腺が発達しきっていないので、汗をかいたときに汗腺に汗が詰まりやすくなっています。
ただのあせもと侮ってそのまま放置していると、かゆみや炎症が悪化するだけでなく、水ぶくれや膿を伴った「とびひ」になってしまう可能性もあります。「とびひ」にまでなってしまうとなかなか治りにくく、他の皮膚のトラブルを招きやすい状態になってしまいます。赤ちゃんにはつきもののあせもですが、しっかりとケアをしてあげましょう。

あせもの予防法

あせもの予防で一番大切なのは「汗をかいたらそのままにせず、清潔に保つようにすること」です。赤ちゃんは自分では汗を拭けないので、汗をかいたらウエットティッシュやタオルなどで拭いて清潔に保ってあげましょう。そのほかにも日頃から実践できる予防法がいくつかあります。

衣服を清潔に保つ

赤ちゃんが着る服を吸水性や通気性の高いものにして、肌に汗がとどまらず、湿気によるべたつきを防げるような服にしましょう。綿などは特に吸水性が高いとされているので、赤ちゃんの服には最適な素材です。
また、汗をかいたらこまめに衣類を取り替えてあげましょう。特に外出した後は必ず衣類を替えるべきです。赤ちゃんは大人よりも汗をかきやすいため、汗を拭くだけでなく衣類を取り替えて、より肌を清潔に保つようにしてあせもを予防する必要があります。服の下に薄手のタオルやガーゼをはさんで、汗をかくたびにそれを取り替えるといった方法もおすすめです。

体をしっかり洗う

汗を拭くのはもちろん大切ですが、洗い流すのも重要です。洗うときに石鹸などを泡立てて洗いますが、腕や首のあたりのしわがたくさんある部分には汗が溜まりやすいので、しわを広げるようにしてしっかりと汗や汚れを落とすようにしましょう。しわの多い部分は他と比べると非常にあせもができやすいので、念入りに洗ってあげましょう。

ベビーパウダーは注意して扱う

あせも予防としてベビーパウダーを使っている親御さんもいらっしゃるかと思いますが、取り扱いにはくれぐれも注意してください。ベビーパウダーはあせもの予防として高い効果が期待できますが、あまり塗りすぎてしまうと粉が汗腺を塞いでしまい、かえってあせもの原因になってしまうことがあります。すでにあせもができている時は使用を控え、普段も塗りすぎないように注意しながら使用しましょう。

あせもの対処法

どれだけ気をつけていても、あせもができてしまうことがあります。そういった場合にはきちんと適切な対処をして、とびひや他の皮膚のトラブルにつながらないようにしましょう。

外用薬などを使う

アトピーなどの皮膚のトラブルはステロイド外用薬などが効果を発揮します。赤ちゃんにステロイド剤を使うのに抵抗がある人はオーガニックの薬品を選ぶようにしましょう。
また、皮膚科医や薬剤師などの専門知識がある人に赤ちゃんに薬を使うときの注意事項などを聞いておくようにして、安全に使いましょう。

いつも以上に清潔に保つ

あせもができてしまうと、赤ちゃんはかゆみを感じて引っ掻いてしまうので、ミトンや手袋などをつけてあげてあせもが悪化しないように気をつけるようにしましょう。衣服も衣擦れであせもを刺激しないように柔らかいものを着せるようにします。
あせもができないようにするのが一番ですが、できてしまったら早めに対処してとびひにならないうちに治してあげましょう。

おわりに

今回は赤ちゃんのあせも対策について紹介しました。赤ちゃんはあせもができやすいですが、対策をしてなるべくできないようにしましょう。きちんとした予防法と対処法を知っていれば、とびひなどの大事にはならずに済みます。

The following two tabs change content below.
コドモアイテム

コドモアイテム

赤ちゃんにはどういったものを揃えてあげればいい?初めてだと余計にわからない赤ちゃんとアイテムの関係、お教えいたします♪